(2022年6月22日更新)

現在、ご購入済みの航空券ならびに今後のご旅行に関するご要望を多数いただいており、対応にかなりの時間を要しております。お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

ウクライナ情勢に伴い、弊社便と各提携パートナー航空会社の運航スケジュールに変更が生じています。エアカランではネットワーク全体で特別措置を実施し、ご利用のお客様により安心してご予約していただけるよう、柔軟な対応をご提案しております。

なお、旅行会社またはオンラインの予約サイトなどを通じて航空券を予約・購入された場合、詳細については、購入元の各旅行会社まで直接お問い合わせください。

エアカランまたは各旅行会社で購入されたすべてのエアカランの航空券(航空券番号が063で始まるもの)については、以下の通り最新の条件が適用されます。

特別対応

すでにご購入済みの航空券の変更・取消し

A. お客様のご都合による予約のキャンセルまたは延期 

渡航をとりやめ、以下のいずれかのオプションを希望される場合

 

1. 変更

旅行日程の変更をご希望の場合、ご購入の航空券の運賃規則に準じます。変更可能な航空券には、規定された手数料ならびに運賃差額が適用されます。

2. 払い戻しについて 

航空券の払い戻し:オリジナルの運賃規則に規定された払い戻し手数料が適用されます。なお、各種「アラカルトサービス」料金は払い戻しいたしかねます。

3. バウチャー

ご本人の都合でキャンセルの場合、航空券は有効期限内であれば、将来の旅行にお使いいただけるクレジットノート(バウチャー)として手数料なしでお持ちいただくことができます。 

 

B. お客様のご都合以外の理由による場合

エアカランによるフライトのキャンセルなどの場合には、以下のオプションが利用可能です。

・変更手数料ならびに差額不要での日程変更  
・航空券の有効期限内において、先の日程で航空券の購入金額をクレジットとして使用するために航空券をお持ちいただく


エアカランで直接航空券を購入された場合は(こちらの払い戻しフォームから)また、旅行会社で購入された場合は、購入元の旅行会社にて払い戻しの手続きをお願いいたします。

・手数料全額免除の払い戻し
・12ヶ月間有効なクレジットノート(バウチャー)としてお持ちいただく


出発前にコロナウイルスに感染された場合

コロナウイルスの陽性反応により、搭乗拒否または旅行不能となった場合、航空券の変更(ご旅行の延期)、払い戻し、航空券の購入金額をクレジットとしてお持ちいただくことが可能です。

なお、目的地国への入国に関する規則を遵守していない(ビザ未取得、入国書類の不備、政府の求める健康診断の承認がないなど)ために搭乗を拒否された場合、変更・延期または払い戻しの際には、購入した航空券の運賃規則が適用されます。

 

旅行会社で購入された航空券

旅行会社または旅行代理店を通じて航空券を購入された場合、選択されたオプションにかかわらず、ご購入された販売元に直接ご連絡ください。変更または返金のリクエスト処理は航空券を購入された各社にて対応いたします。 

販売店での手続きが困難な場合、オンラインフォームで払い戻し請求をいただければ、弊社からも購入元の旅行会社に連絡を取るなど、可能な範囲で対応いたします。

2020~2021年の国際線運休に伴う航空券の変更とキャンセルについて

2020年6月1日から2021年11月30日の間に、新型コロナウイルスによる国際線の運休により、エアカラン運航便が欠航または目的地に到着できなかった*フライトに該当する航空券をお持ちの場合の対応

  • 新しい出発日が2022年中であれば、変更手数料なしでご旅行日程を変更いただけます。
    • 新しいご出発日が2022年3月31日までで、同じ搭乗クラスに空席がある場合、運賃調整の必要はありません
    • 2022年4月1日以降にご出発の場合は、変更の時点で適用される運賃との差額を申し受けます

 

  • それ以外の場合、エアカラン発行の航空券の未使用分は、以下の条件にてクレジットとしてご利用いただけます。
     
    • キャンセルされたフライトの日付から1年間有効です。
    • 同じ目的地または別の目的地いずれかのエアカラン航空券の新規購入時に使用できます。
    • 例:2021年10月15日のフライトがキャンセルされた場合、未使用分の航空券上の金額は、2022年10月14日までに完了するエアカラン航空券の新規予約および発券にご利用いただけます。システムの関係上、予約日から355日先以内の便がご予約可能となるため、例えば、最終日に当たる2022年10月14日にクレジットを利用したフライトのご予約可能日は、2023年10月4日までとなります。
    • クレジットされた金額は、未使用の場合は全額、一部使用した場合は残額を、有効期限終了後(キャンセルされたフライトの日付から1年後)に払い戻すことができます。

*対象となるケースとは:目的地または途中降機地での出国、入国または乗り継ぎに関するあらゆる制限、滞在ができない可能性のある各種旅行制限、ならびに旅行の目的であったイベントなどが新型コロナウイルスに起因する理由による中止になったことを意味します。

 

申し込みの方法は?

  • 旅行日程を延期するためには、航空券を購入した販売店に連絡いただく必要があります。
  • 次回の予約時に販売店で再使用いただくか、有効期限経過後(フライトがキャンセルされた日から1年後)に払い戻しをするために、航空券番号は必ずお控えください。

新型コロナウイルス感染症に伴う払い戻しと特別対応

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた多くのご旅行者と同様に、最大1年間の有効期限が切れてしまうエアカランの航空券やEMD(クレジット・ノート、バウチャー)などをお持ちではありませんか?2021年3月22日より、エアカランでは以下の3つのオプションをご案内しております。
お客様のご理解とご協力に感謝申し上げます。
+10%のボーナスバウチャー

お持ちの航空券やEMDのご購入金額分を、クレジットとして2年間有効期間延長することをお選びいただいた場合、券面の価値に10%のボーナスが加算されます。このオプションを選択いただくと、お申し込み日から起算された有効期限の2年以内にエアカラン便の航空券を購入される際に使用できる返金不可のEMD(バウチャー)を発行いたします。(換金、譲渡、再延長は不可となりますので、予めご了承ください。)

有効期限の延長

先のご予定がはっきりしない場合は、お手元の航空券、EMD(クレジット・ノート、バウチャー)の有効期間を12か月延長いただくことも可能です。このオプションをお選びいただいた場合、航空券面の金額は変わらず、お使いにならなかった際には返金も可能です。お申し込み日から延長された有効期限の12か月の間に、エアカラン便の航空券を購入される際にご使用いただけます。

払い戻し

もちろん、航空券またはEMD(クレジットノート・バウチャー)払い戻しのオプションも承ります。払い戻しは、下記記載のお申込み期間にお申し出いただければ、手数料免除の上で全額の返金が可能です。ご指定の銀行口座への振込での返金となりますので、お申し込みの際には必要な情報を添えてご申請をお願いいたします。

申し込み条件

旅行会社で購入された航空券

旅行会社で航空券を購入された場合は、選択するオプションに関係なく、購入元の旅行会社に直接ご連絡の上で、リクエストしてください。

対象となるケース

新型コロナウイルス感染症に関連する特別払い戻しの対象となる航空券類は以下のとおりです。

  • 2020年3月21日から2021年12月31日までの間に1便以上の定期便の予約を含むすべての目的地(ヌメア-ワリス-ヌメアおよび/またはワリス-フツナ-ワリスを除く)の航空券
  • ヌメア-ワリス-ヌメアおよび/またはワリス-フツナ-ワリス間の航空券で、1便以上の定期便が運航する2020年3月21日から2020年6月30日まで、または2021年3月7日から2021年8月29日まで、および2021年9月7日以降の予約を含むもの
  • 2020年3月21日から2021年12月31日までの間に発行されたEMD(クレジット・ノート、バウチャー)

ご注意:航空券またはEMD(クレジット・ノート、バウチャー)で、以前に使用または交換されたものは対象外となります。

新型コロナウイルス感染症に伴う払い戻し申請の締め切りは、オリジナルのフライトの日付から2年後、またはオリジナルのEMD(クレジット、バウチャー)の発行日から2年までとなり、2年経過後以降に申請いただいても払い戻しは出来かねますので、お早めにお申し出ください。また、1年後にクレジットをご申請された場合でも、ボーナス分は返金されません。ボーナスクレジットを使用して返金可能な航空券を再発行され、その後、航空券の払い戻しを申請された場合にはボーナス分の金額は返金されません。

ご申請方法

エアカランの日本サイト(運賃額が円貨で購入された分)または日本のコールセンターで購入された航空券は、コールセンターまでお問い合わせください。日本国内の銀行口座への返金をご希望の場合のみ、エアカランが申請を代行いたします。なお、エアカラン海外サイト(運賃額が日本円以外の場合)および旅行会社で購入された航空券は、ご購入元まで直接ご連絡いただくようお願いいたします。

申請いただけるお客様は?     

申請者は、購入証明書(eチケットレシート控えまたはEMD乗客レシート)を所持し、書類番号と関連する名前を示す必要がございます。 申請者は、パスポートを提示することにより身分を証明する必要がございます。グループ運賃をご利用の場合は、旅行会社など、支払元に直接ご連絡して、払い戻しに関する契約内容をご確認ください。

申請いただける内容は?      

申請者は、オプションとして、以下のいずれかを申請いただけます。

  • 申請されるお客様の名義の現金、小切手、またはクレジットカードで全額または一部が支払われた航空券額の残額に10%加算したEMD(クレジット・ノート、バウチャー(税金を含む))、ただし返金不可で、1つまたは複数のエアカラン便を含む航空券のご購入時にご利用いただけます。また、申請日から2年間有効です。
  • 申請日からさらに12か月間有効期限を延長した返金可能なEMD(クレジット・ノート、バウチャー)
  • 現金、小切手、またはクレジットカードで支払った航空券残額の全額払い戻し

いつ受け取れますか?      

返金不可の+10%ボーナスクレジットまたは返金可能な12か月間延長クレジットは、券面記載の乗客の名義で発行され、オリジナルのフライトから1年経過後、またはオリジナルのEMD(クレジット)の有効期限が切れた時点で申請者に送信されます。対象となる航空券類の払い戻しについては、スケジュールに従って行われ、申請から最大2ヶ月以内にご指定の銀行口座に入金されます。

どうやって申請すればよいですか?     

申請者は、払い戻しの際に、次のいずれかの情報を提供いただく必要があります。

  • フランス国内またはフランス領土に拠点を置くフランスの銀行の場合、IBANコードなどの詳細
  • その他の銀行の場合、銀行口座に関する詳細

詳細については、下記「IBAN / INTERNATIONAL BANKTRANSFER」の項目を参照ください。

ガイド(ご自身でフォームから申請される・海外口座への返金をご希望の場合など)

海外の口座へのご返金をご希望の場合など、ご自身でオンラインフォームから申請をされる方は、以下を参照ください。

ご注意:パスポートのコピーを忘れずに添付ください。ご本人を確認するための唯一の身分証明書とさせていただきます。

添付いただく航空券/ドキュメント類

航空券/EMD番号と乗客のお名前は、eチケット控えなどの書類に記載されているとおりにご入力ください。

以下の通り、eチケット控えの上部に記載があります。

Billet EN

お客様のeチケット控えの上部をご確認ください。

Billet EN 2

 

ご入力の際のヒント

  • お申し込み1件ごとに、すべてのeチケット控えなどの書類を必ず添付してください。 同じご予約に複数の航空券番号やEMD番号をお持ちの場合(たとえば、アラカルト・サービス(シートプラス、アラカルト・メニュー(有料の特別食)、追加の手荷物の購入など)、ご申請漏れの無いようにすべてのファイルを添付してください。
  • ご予約の確認メールは添付ファイルとしてはご利用いただけません。添付いただくeチケット/EMD控えには、乗客のお名前と063に続く10桁の航空券/EMD番号が表示されている必要があります。
  • 航空券/EMD番号の前の最初の3桁は「063」である必要があり、ご入力いただかなくて結構です。 063で始まる航空券以外をお持ちの場合、該当のドキュメントは別の航空会社が発行したもので、エアカランではお取り扱いできかねます。ご購入された旅行会社や航空会社まで直接ご連絡ください。

IBAN/INTERNATIONAL BANK TRANSFER(IBAN /国際銀行振込)

IBANまたは銀行の詳細(国際銀行)を忘れずに入力してください。これらは、ご入力時に必須の情報になります。なお、銀行口座の詳細を必ず添付してください。

米国、オーストラリア、ニュージーランド、フィジーなどの外国口座の場合、ABA、BSB、ACCなどの文字は入力せず、数字だけを空白で区切って入力してください。

RIB EN

お客様のご入力の不備などにより拒否された取引については、当社は返金された金額から発生した銀行手数料を差し引く権利を留保します。