Madrid

王都マドリードでぜひ立ち寄りたいスポット

スペインの首都には、驚くほど豊かな文化があふれています。多くの美術館、エジプトから贈られたデボッド神殿、王宮、プエルタ・デル・ソル広場など、マドリードには必見のお宝が満載です! マヨール広場のレストランやカフェでくつろいで、王宮パラシオ・レアルから街の観光を始めましょう。

madrid palais royale

回廊が印象的なマドリード王宮

マドリードの名所の中でも特に見逃せない王宮は、西ヨーロッパ最大の規模を誇ります。その大きさは、ベルサイユ宮殿やバッキンガム宮殿のほぼ2倍。常時公開されていますので、ガイド付きの見学ツアーに参加してください。17世紀に建てられたこの王宮は、スペイン国王の公邸ですが、実際には国王や王族はこちらに住んでいません。広い応接室、絵画や彫刻のコレクション、カルロス3世の居室などに感嘆するはずです。王宮内を見学した後は、宮殿を囲む壮大な庭園のツアーもお見逃しなく。旅にいろどりを添えるこれらの素晴らしいガイドツアーには、老若男女全ての方が満足されることでしょう。きっとあなたも気に入るはずです!

守り抜かれた宝物、アテネオ・デ・マドリード

読書と美しい本が好きな方は、プラド通り21番地にある文化施設アテネオ・デ・マドリードにぜひどうぞ。古書や時代物の香りに包まれた静かで落ち着く場所です。文芸協会が設立された19世紀初頭にタイムスリップしたような感覚を味わえます。そしてスペインで2番目に大きなこの図書館施設には2つの展示室があり、ルシオ・ムニョス、マニュエル・エルナンデス・モンポ、マルタ・カルデナス、アントニ・タピエスなど現代作家の作品が展示されています。また、図書館内部は、ギリシャ神殿のモチーフを再現した美しいフレスコ画で飾られています。

Madrid

レティーロ公園、ロマンティックな気分に浸る

自然が好きで、マドリードでどこを訪れようか迷っている方には、レティーロ公園をおすすめします。16世紀に設計されたこの巨大な公園は、125ヘクタールもの広さがあり、1万5千本以上の樹木が植えられています。マドリードの中心で新鮮な空気を感じられるこの場所は、マドリードの人々や観光客から愛されています。公園は、多年草の植えられた庭、バラ園、建築家エレロ・パラシオス庭園、セシリオ・ロドリゲス庭園などで構成され、牧歌的な雰囲気が味わえます。2021年にユネスコ世界文化遺産に登録されたこの公園には、樹齢400年の市内最古の木もあります。大きなプールでカヌーを漕ぎ、人形劇を楽しみ、そして“故人の森”と呼ばれるエリアを訪れたりと、年齢を問わずスポーツや文化的アクティビティを楽しむことができます。

国立ソフィア王妃芸術センター

マドリードで必見の現代アート美術館です。ピカソ、ミロ、ダリなどの作品が展示されており、スペインの現代美術を愛する人たちのランドマークとなっています。この博物館は、コレクションを3つのテーマに分け、テーマごとに歴史的背景について詳しく説明しています。パブロ・ピカソの代表作のひとつで、同村への空襲による犠牲者へのオマージュとして描かれた「ゲルニカ」も鑑賞できます。地下鉄アトーチャ駅近くにあるこの美術館は、新古典主義建築様式の建物自体だけでも一見の価値があります。1977年に芸術的歴史建造物に指定されたこの建物は、16世紀に病院として建てられ、18世紀に国王カルロス3世によって増改築されました。そして、1986年に美術館として開館されたものです。

Madrid

太陽神アメンをまつるデボー神殿

マドリードでも必見の名所、オエステ公園内にあるアメン・デボー神殿に向かいましょう。紀元前2世紀頃に建てられたエジプト神殿で、エジプト政府からスペインに寄贈されたものです。古代のレリーフが施された神殿に足を踏み入れると、まさにタイムスリップをした気分になれます。メロエの王アディカラマニが、アメンとイシスという神々を祀るために建てた神殿で、後の数世紀の間に、王朝の王たちによって聖堂の周りに新しい部屋が増築されました。神殿は徐々に大きくなっていきましたが、4世紀には廃寺となっています。20世紀になってから解体された石がスペインに運ばれ、この地で再建されました。現在では、模型や映像資料でその歴史をたどることができ、訪れる人の目を楽しませています。

役立つ情報

スペイン・マドリードへの入国条件

コロナ禍におけるスペイン・マドリードへの入国条件と最新情報

スペインへの入国条件についての情報は下のリンクをご覧ください。

➜ スペインへの入国条件(外部サイト・フランス外務省)

マドリードの地図


make google maps responsive

マドリードへの行き方

ヌメアからマドリードへ

ヌメアからマドリードへは、ヌメアからマドリードへのフライトのページをご覧ください。

飛行時間: 

ヌメア・マドリード間の最短飛行時間は28時間です。この飛行時間は、経由地など旅程によって異なる場合があります。エアカランのネットワーク以外のフライトは、提携航空会社によって運航されます。

時差: 

ニューカレドニア・ヌメアとマドリードの時差は9時間です。スペインはニューカレドニアより9時間遅れています。

マドリードのベストシーズン

マドリードへの旅行のベストシーズンはいつですか?

マドリードは温暖な海洋性気候であるため、一年中いつ訪れても楽しむことができます。旅行に最適な時期は次のとおりです。

  • 夏季:マドリード観光のベストシーズンは5月、6月、7月、8月、9月です。この時期は1年で最も気温が高くなる時期です。
  • 冬季:10月から3月にかけては、やや涼しい気温(0℃〜15℃)ですので、市内の文化施設を訪問するには最適な時期です。美術館、展覧会、劇場など、お気に入りの場所がきっと見つかるはずです。

ホテル

Booking.com
Booking.com
Booking.com

フライト予約

出発
到着
搭乗日
-
利用人数
1 搭乗者
お得な運賃 to ( 搭乗クラス - )
Titre
おすすめのご旅行先
Flower
エアカランをおすすめする4つの理由
New Caledonia map
ニューカレドニアを感じる旅
Airplane
革新的な最新機材
Globe
世界100都市へのネットワーク (提携航空会社60社)
safety picto
安全と品質管理