厳選された機材

エアカランは1983年設立のニューカレドニアの国際的企業です。カレドニアの人々の世界各地への移動を身近なものとし、ニューカレドニアの観光業の発展に寄与することをその使命としています。

IATAの加盟メンバーであり、IOSA認証を取得したフランス企業であるエアカランは、航空産業界における最も厳正な基準に適合しています。

エアバスA330型機およびエアバスA320型機をぞれぞれ2機保有し、ヌメアから11都市へ週22便の国際線フライトを運航しています。日本(東京・大阪)、オーストラリア(シドニー・ブリスベン・メルボルン)、ニュージーランド(オークランド)、バヌアツ、フィジー、ワリス・フツナそしてパペーテに就航しています。またワリスーフツナ間は、16人乗りのツインオッター2機で運航し、公共交通機関としての役割を担っています。

 

機体整備はヨーロッパ基準(EASA Part M およびPart 145)に基づき実施しています。

 

 

 

a330

エアバス A330 NEO (F-ONEO ET F-ONET)

291 席 (ビジネス・ハイビスカスクラス26席)

航続距離: 12時間 / 12 000 km

➜ シートマップ詳細

 

a320
エアバス A320 NEO (F-OTIB)

168 席

航続距離: 7時間30分 / 6 300 km

➜ シートマップ詳細

Twin Otter

ツインオッター

16 席

航続距離: 5時間30分 / 4 500 km

➜ シートマップ詳細

Flower
エアカランをおすすめする4つの理由
New Caledonia map
ニューカレドニアを感じる旅
Airplane
革新的な最新機材
Globe
世界100都市へのネットワーク (提携航空会社60社)
safety picto
安全と品質管理